外国人ウケ間違いなしの『かっぱ橋道具街』を散策してみた編

今回は東京都台東区にある合羽橋通り、通称かっぱ橋道具街を歩いてみました!

かっぱ橋道具街

かっぱ橋道具街は、様々な調理道具関連の物を扱う日本で一番の問屋街です。

歴史は100年程あり、最初は古道具商が数店舗からスタートし、第二次世界大戦後に現在の様な調理道具などを販売する商店街の形になったそうです。

専門店は170店舗以上

道具街の長さは約800メートル

かっぱ橋道具街入り口

通りの入り口に差し掛かると、ニイミ洋食器店のジャンボコックが鎮座しています。

ニイミ洋食器店前

超巨大です、待ち合わせにも使えそうです。

ちなみに行った日は日曜日だったのでお休みでした。

定休日が日曜日との事。

道具街へ

道具街に入ると至る所で調理用備品が販売されています、日本一を冠するだけあります

こちらのお店では食器が大量に販売されていました。

食器を探しているなら人、入った所で買い物が終わってしまいそうなくらい色々な種類の食器が有りました。

こちらのお店は様々なブラシを販売していました。

ブラシを専門で販売できる程種類があります。

犬を模した形のタワシが売っていました。

犬や亀の形をしたタワシ

使う用ではなく観賞用になりそうです。

他にもスーパーやコンビニなどで見かけるカゴが売っていたり。

傘にビニールを被せる、傘スタンドが売っていました。

買うだけではなく見てるだけでも、この用品こんな金額だったんだ、と驚きと発見があって凄く楽しいです。

傘のビニールスタンドがこんなにするとは思いませんでした。

KAMATA、かまた刃研社

特に外国人のお客さんが居たのは、包丁の専門店でした。

行った時店内はほとんどが外国人で、包丁を実際に買っていました。

この写真のお店は、包丁を研磨しているのを目の前で見学できました。

時間帯が合えば見れるかもしれません。

かっぱのマスコット

お店の前にマスコットが置いてありました。

かっぱのマスコット

ちなみに通りの名前の漢字のかっぱは合羽と書きます。

『河童』では無いです。

元祖食品サンプル屋

そして最後に訪れたのは、食品サンプルを販売しているお店に行きました。

元祖食品サンプル屋さんの店前

食品サンプルを販売するだけではなく、作っている過程を展示していたりと面白かったです。

特にこのお店の凄いところは、食品サンプルを作る事が体験できます!

一回辺りの金額は作る物によってバラツキはありますが、2300円程で体験できます!

事前に予約が必要なのでホームページをチェックしてみて下さい!

特に外国人観光客ならば喜ぶ事間違いなしです!

住所・アクセス

〒110-0036 東京都台東区松が谷3丁目18−2

東京メトロ銀座線、田原町駅から徒歩5分
東京メトロ日比谷線、入谷駅から徒歩6分
都営浅草線、浅草駅から徒歩13分
東武伊勢崎線、浅草駅から徒歩13分
つくばエクスプレス、浅草駅から徒歩5分

定休日は、それぞれの店舗によって異なりますが、土曜日に行けばほとんどのお店が営業しているので土曜日に行く事をオススメします!

日曜日だと3割程しかお店が開いていないので日曜日は避けたほうがいいかもしれません。

終わりに

今回はかっぱ橋道具街を紹介して行きましたがいかがだったでしょうか?

業務用の道具は見てるだけでも面白いので是非浅草周辺にお越しの際は足を運んでみて下さい!

ではまた次回!

あわせて読みたい